剣道防具 処分方法

剣道防具の処分方法を教えます

長年愛用した剣道防具も、いずれ買い替えなければいけない時期がやってきます。
その際、処分方法について迷うことが多いのではないかと思います。

 

 

粗大ごみに捨てる、というのも気が引けるものです。
長年使い続けて、愛着のあるものだからこそ、礼を尽くした処分方法をとりたい、と考えるのです。
その意味で、剣道防具を供養するということと、リサイクルするという、2点をふまえて考えると良いでしょう。 

 

 

 

大切なものだから、供養してあげることは大切です。
近くの神社に持っていき、いくらかを渡せば、供養をしてもらえます。
きちんと供養すれば、心機一転、新しい防具でがんばろう! という気持ちにもなるものです。 

 

 

 

そしてもうひとつ、リサイクルするという方法があります。
リサイクルすれば、ごみにならないし、ずっと使い続けてもらえます。
手放すほうも、心が痛みにくいでしょう。

 

 

いかにしてリサイクルするか、というその方法ですが、全日本剣道連盟のキャンペーンを利用すると良いでしょう。
全日本剣道連盟では、海外への剣道普及の一環として、ユーズドの防具を海外に送っています。
普及キャンペーンの一環です。

 

 

あくまで、送ったときに使える状態である、というのが限定です。
しかしそこさえクリアすれば、愛用した防具を、剣道をしたくて待ち焦がれている海外の人々のもとに届けることができます。 

 

汚れについては、気にしなくて大丈夫です。
破れ、破損だけをチェックしておきましょう。