手刺剣道防具のオススメ 専門店は剣道防具工房 源

手刺剣道防具〜日本最高峰の職人が作る物見の良い手刺し剣道具の真髄〜

剣道は『勝負を含めた、日本古来の伝統文化』そのもの

 

武道のを剣道具にこめて 職人のを伝えたい!

 


↑↑↑
詳しくは上記画像をクリックしてご確認ください

 

 

名人仕立て 日本国内最高峰 剣道具ここにあり!!
↓↓↓



↑↑↑
上記画像をクリックして詳細をご確認ください

 

 

手刺し剣道具『源』人気ランキングはコチラ

 

 

『源心作』は、剣道具師 田原博文氏が、材料の厳選から布団の仕込み、
縫込みまでを直接指導・監査して製作する、最高峰の手刺剣道防具
となります。

 

ずっとご愛用いただける、確かな品質をお約束いたします。

 

2年連続 日本一に輝いた源の日本製甲手

 

おめでとうございます♪

 

2013年全日本女子剣道選手権
「山本真理子選手」は、源の日本製甲手をご使用頂き
見事2連覇を達成されました♪♪

 

 

2012年11月3日 第六十回全日本剣道選手権大会にて
見事優勝された 木和田大起選手
大阪府予選から全日本剣道選手権大会優勝まで
「木鶏(もっけい)」甲手を使用されていました

 

本当に優勝 おめでとうございます!

 

こちら
↓↓↓



↑↑↑
日本一に輝く日本製甲手 上記画像をクリックして詳細をチェックできます

 

 

 

 

 

 

 

 

剣道日本一を目指す

剣道日本一を目指すのなら、全日本剣道選手権大会に出場されては、いかがでしょうか。
全日本剣道選手権大会は、剣道日本一を決める大会です。
全日本剣道連盟が主催する、全国規模の大会です。
ちなみに、これは男子部の試合で、女子の部の試合は全日本女子剣道選手権大会という名前になっています。 

 

出場資格は各都道府県予選の優勝者であることです。
男子の場合、北海道、茨城、神奈川、静岡、兵庫、愛知在住であれば、準優勝者も出場できます。
東京、千葉、埼玉、大阪、福岡は優勝者、準優勝者に加え、第三位者にも出場資格が付与されます。
かつて、全日本剣道選手権大会は、段位制限も設けられていました。

 

1984年に開催された第32回からは出場資格が6段以上となっていました。
そののち、1990年の第38回からは5段以上に引き下げられました。
1995年の第45回からは段位制限が撤廃され、20歳以上であれば、そして既定の勝利者であれば、段位を問わず、出場することができるようになりました。
つまり、徐々に規制が緩和された、というわけですね。

 

とはいえ、各都道府県で、どんなに低くても3位以上というのは、そう簡単にクリアできるレベルではありません。
大会出場を目指すために、日々鍛錬が求められます。

 

剣道は警察と関係が深いです。
全日本選手権出場者のほとんどが警察官となっています。
職業を警察官に選ぶのも、出場への近道かもしれませんね。 

 

剣道には全日本選手権のほかに、世界選手権もあります。
しかし選手の実力や大会の歴史、格式などは、全日本選手権のほうが上とされます。

 

安倍晋三総理が 日本の公立中学校において、武道を必修化されました。
誠に素晴らしいことであると思います。
その武道の授業においては、やはり剣道が一番人気となっています。
こうして日本人には侍の心が 引き継がれていくのです。

 

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

 

 

 

剣道には、極意と言うものがある!
剣道の極意【教士八段、国際武道大学剣道部監督 井島章 指導・監修】